自己紹介

f:id:visionarytt:20181018231343p:plain

高校まで

1991年バブル崩壊とともに東京の郊外で生まれ育ちました。

周りは畑ばかりで泥んこになりながら小学生時代を過ごしていました。

 

小学校3年生の時の社会科の授業で学校の周辺地図を描いたところ、先生に褒められたことから、地図に興味を持ち、学校で配布された帝国書院の地図帳を眺めながら理想の都市を妄想しているような少年でした。

 

中学校1年生の時にはじめて携帯電話を持ち、当時2つ折り携帯電話が主流だった中で、KDDIから発売された深澤直人が監修したINFOBARに衝撃を受けデザインに興味を持ちました!

adp.au.com

高校はデザインをやりたく美術部に所属し、部長をつとめました。美術系大学に興味を持ってたのですが、上にはもっと上手な人がおり、同じ土俵で勝てそうにないと思い、断念。

 

どんな進路がいいのか模索していたところ、友人がテレビ東京系列のカンブリア宮殿の観覧席に招待され、テレビに映ったのがきっかけで経済、経営に興味を持ちました。(スタジオ行きたかった!)

 大学時代

2010年に某大学経済学部経営学科に入学。

サークルは広告サークルに入り美術部のノウハウを生かしチラシやポスターデザインを担当。

大学時代は国際経営ゼミに所属し、国際経営を学ぶ傍ら、長期休暇の際にはアルバイトでためた資金で、アジアやアメリカへバックパック1つで旅をした。アジアの成長をこの目に焼き付け、タイやベトナムなど10の国・地域を旅しました。

印象的だったのはとある日系自動車のメーカーのタイ工場に訪問できたこと。日本の自動車メーカーの工場とは比べ物にならないくらい工員が多く、製作工程の多くが手動だったのが印象的で、『人件費が安いので自動化しないほうが安く製造できる』と聞いたことにより経営により興味を持つように。

就職活動では、アベノミクスが始まったばかりで新卒市場は厳しい環境でしたが、運よく自分の興味のある地図を使い、民間企業の課題解決を行っている事業を行っている会社に入社。

 新卒時代

1年目課長や課員に従事しながら、飛び込み営業(名刺を50枚交換するまで帰れま10)など社会人の基礎、営業の基礎を学ぶ。(泣)

2年目から名古屋に転勤をし、中部地方の自動車部品会社や小売店を中心に営業をしました。苦労したのが、名古屋独特の価格交渉です。先輩社員の助言もあり、費用対効果の考え方と、人件費積み上げ方式の考え方により、不得手ながらも価格交渉力を磨きました。

3年目で再び東京に戻り、銀行・信用金庫・中堅不動産業界を担当することに。2016年はアベノミクス効果・東京オリンピック効果により不動産の企業間・企業内での獲得競争が激しかったため、地図に担当者情報を付与する不動産ソリューションを中心に提案。

この会社で一通りの業界を担当させてもらえたことでアンテナが広くなったこと、受注もちらほらとれるようになり自信になりました。しかし、世の中のクラウド化により、イチからの開発提案中心の営業ではノルマ達成に限界が来ることと、会社の労務環境に疑問を持ち退職。

 現在

退職後すぐに、携帯電話のアンテナ基地局設計コンサルタント会社に転職。LIFE SHIFTを読んでから、これまでの考え方を改め、本業に加え、副業でウーバーイーツの配達をやっています。

本業では現場打ち合わせと設計の両方を担い、次世代通信のインフラを支える仕事に従事しています。

また、転職と同時に愛知産業大学通信教育学部建築学科に入学。これは、携帯電話のアンテナ基地局建設に建築のノウハウが必要と感じたからで、現在、働きながら卒業をめざして奮闘中。このブログでは愛知産業大学のことを中心に

日々思ったことをつづっていきます。

www.zoushigaya.tokyo

www.zoushigaya.tokyo

www.zoushigaya.tokyo

 

スキル

Arc GIS_3年1か月

JWCAD_1年1か月

法人営業3年6か月

 

地理空間情報の加工や情報の取得をし、

提案まで一気通貫できることが強みです。