大学・受験予備校を悩ませる建築士受験要件変更

f:id:visionarytt:20190207124929p:plain

こんにちは

2020年に建築士試験の受験要件が変更になります。

なので、現在大学4年生の方は来年、もしくは再来年の建築士試験でいきなり1級から受けることができます。

 アンケート依頼

学内ポータルサイトを閲覧していたところ、建築技術教育普及センターからの依頼でアンケートの依頼をされました。

選択肢を確認すると、2020年にあなたは2級建築士、1級建築士のいずれか、それとも双方を受けますか?との質問がありました。

 

建築技術教育普及センターは建築士試験を実施する公益財団法人ですので、アンケートの結果次第で受験内容の変化や合格率、試験会場の設定などおそらく変えてくるものと思われます。

 

学校に問い合わせたところ、まだアンケートを何に使うのか?そもそもアンケートを公表するのかわからないとのことでしたので、注視して事態を見守っていきたいと思います。

大学卒業後の受験要件の新旧

旧:2年の実務の後受験資格を得られる。

新:卒業後、受験可能。ただし2年の実務を経ないと免許が交付されない。

 

基本的に設計事務所は忙しく、なかなか時間をとって受験をすることができません。なので、今回の1級建築士試験でも約3万人が受け、約3,800人(12%の合格率)という難関試験です。

さらに追い打ちをかけるように、現役の建築士の内4割が60代と70代で構成されており、この年代がごっそり抜けると現在の物流業界のような事態になりかねません。

 

建築士受験要件における影響について

学校が1級建築士取得までのプロセスになやんでいる

これまでは学校卒業後、2級建築士試験を受け合格し、2年後に1級建築士を受けるやり方が王道とされてきました。

しかし、今回の建築基準法の法改正によって王道パターンが崩れてしまったのです。順番に見ていきましょう。

建築系大学院生の影響

建築系学科を卒業すると、そのまま就職する学生と大学院へ進学する学生にわかれます。大学側が特に危惧しているのは大学院(修士)に進んだ学生です。

大学を卒業するとすぐに1級建築士試験を受けることができるので、修士1年は受験勉強、修士2年は就職活動と多忙を極めるので、

そもそも研究をする暇がなくなると現場から声が上がっているのです。

そもそも建築に関することは国交省が管轄で大学は文部科学省が主管なので教育現場への影響度を考慮したのか疑問がのこります。

受験対策予備校の影響

日建や総合資格の受験対策予備校でも対応が急がれるでしょう。

特に2020年から数年間は2級を飛ばして、1級建築士を受ける受講生が多くなることが予測されます。席や教室、講師の数は限られていますので、ビデオ講座でない限り、席取合戦が予測されます。

 

いかがだったでしょうか?

今回の建築基準法改正は関係各所がてんやわんやする改正だったのです。