学費が控除対象になるぞ!(諸条件満たせば)

こんにちは、年末調整の季節ですね!

様々な必要事項を記入している時に、学費も控除対象になればなーと思い、国税庁のHPを調べてみました!

そしたらなんと働きながら自費で学校に行っている方は特定支出控除が適用されるかもしれません!

 

特定支出控除とは

「特定支出控除額の適用判定の基準となる金額」を超えるときは、確定申告によりその超える部分の金額を給与所得控除後の所得金額から差し引くことができる制度があります。

特定支出控除の対象となっているのは、職務に直接必要な資格を取得するための支出(資格取得費) 

要は一定額を超えると税金がお得になる制度となっています。

前提条件

自費で学校に行っている

・設計事務所など業務で必須な資格と認定できる

会社からのお墨付きをもらうことができる

国税庁のHPによると

その年中の給与所得控除額×1/2でなおかつ前提条件がクリアされれば

控除が受けられます。

実際に税務署の方に電話して聞いた内容

まず、対象期間は:1月1日~12月31日であること。

例えば建設、不動産、建築系で年収330万円の方は控除額が120万円です。つまり、上記の前提条件をクリアしなおかつ控除額の1/2の年間60万円以上建築士合格のために学費、教科書代、素材等、交通費、宿泊費を支出している場合は該当します。

その場合は確定申告を行うことが必要ですが、資格取得のための支出が丸々対象になるのはうれしいですよね!

愛産大は授業料が安いためなかなか当てはまる方は少ないかと思いますが、大阪芸術大学や京都造形芸術大学通信課程の方は年間学費が40万円から50万円ほどなので教材費や交通費などを含めると、結構該当する方が多いのではないでしょうか?

No.1415 給与所得者の特定支出控除|国税庁

対象になるのには道のりが長いです。

本制度を活用している方はサラリーマンの内1/30,000というかなり特殊な制度ですが、リカレント教育が叫ばれている昨今、キャリアチェンジを行いたい方は絶対活用したほうがいい制度です。私も今後、一級建築士試験を受ける際に、総合資格学院や日建に通うと思うので、その際に年間60万円を超えるようであれば是非申請したいと思います。

 私の場合(2018年)

ちなみに私の場合は愛産大の今年度の学費が29万円で教材費等は4万円ほどだったので、残念ながら対象とはなりませんでした。しょうがないので、iDecoやふるさと納税などで税金については対策しようと思います。