お気に入りのフランス軍のステンカラーコート

こんにちは

最近朝に急に冷え込んできましたね!私もクローゼットにしまっていた冬物を出して、着ています。

f:id:visionarytt:20181115173544j:image

 フランス軍のステンカラーコート

いまお気に入りなのが、昨年購入したフランス軍のステンカラーコートです。

f:id:visionarytt:20181115173520j:imageなんでフランス軍のミリタリーコートを持ってるかというと、東京上野のアメ横商店街に、中田商店という世界の軍隊から払い下げを受けた物品を売っているお店があるからです。

 

中田商店

中田商店は上野地区にアメ横店と御徒町店があり、大きく

・世界中の軍からの払い下げ品(中古)

・世界中の軍のデッドストックの払い下げ(新品)

・軍服を提供している会社が民間用に企画開発された商品

・第二次世界大戦から冷戦までのコレクション

だいたいこの4つのカテゴリーから構成されています。

 

店内にはソ連時代の軍服やアクセサリー、人民解放軍のものや旧日本軍の軍服まで幅広いラインナップで歴史ドラマ、ドキュメンタリーでしか見たことないような逸品がそこら中に陳列されています。

 

www.nakatashoten.com

フランス軍の軍服のすばらしさ

アメリカ軍やイギリスの軍服は機能性はいいのですが、もっさり感が否めません。

それに対して、フランス軍の軍服の素晴らしいところは機能性に加えシルエットも考えられているため、着るとシルエットがいい感じに出るので、重宝しています。

しかも、タグにはPARISの文字が!

f:id:visionarytt:20181115210735j:imageしかも、フランス軍による作りすぎで倉庫の奥でデッドストックになっていたので、1994年製でも全く傷んでいなくしっかりしています。これが4,500円で買えるのです。

 

普通のアパレルでフランスのものを買おうとすると、5万円以上は見ないといけないでしょうから、格安でいいものが入る中田商店は意外と穴場です。

 

注意点

ただ残念なのが、基本男性サイズで作られており、欧米の方は背が高いのが当たり前なので、いいデザインでもサイズであきらめることも多々あります。

ビックシルエットブームな昨今ではそれが良かったりするかもしれませんが、注意点の一つです。