銀座が建築家のショールームだった件

中銀カプセルタワー

こんにちは、今日は仕事で銀座にいくことがあったのですが、たまたま仕事場が中銀カプセルタワーの近くにあったので、思わず、写真を撮っちゃいました。

f:id:visionarytt:20181113182338j:imageちなみに中銀カプセルタワーは黒川紀章氏が設計したメタボリズム建築の象徴的建物です。

メタボリズム建築って?

わたしも最初はメタボな建築だと勘違いしていましたが腰回り85cmの太った建築じゃないようです。メタボリズムは和訳すると、新陳代謝を意味しています。 

皮肉な結果に

中銀カプセルタワーも最初はカプセルが着脱可能であることを前提に設計されていましたが、一回もカプセルが交換されておらず、まったく新陳代謝されていない皮肉な建物になっています。

 

 見どころ満載な銀座界隈の建築

そして、帰り道に、築地方面から有楽町方面に歩くと銀座の各ブティックを様々な建築家が、きらびやかな建築を設計しています。

銀座4丁目の交差点では渡辺仁氏が設計した和光や、

 

数寄屋橋方面に歩くとポンピドゥーセンターや関西国際空港を設計したレンゾ・ピアノ氏が設計したエルメス銀座店

f:id:visionarytt:20181113182404j:image

銀座一等地のソニービルを超減築したGinza Sony Park

村野藤吾氏が設計した読売会館(ビックカメラ有楽町店)

 

などなど銀座はまさに建築におけるショールームそのものです。

 

みなさんも、銀座に足を運んだ時に建築家がどのようにブティックを魅せているのかを参考にしてはいかがでしょうか?