あっという間に終わるCADI、建築設計I-a(2017年カリキュラム):愛知産業大学通信建築

愛産大に入りスクリーングは建築造形から、実際の設計、cadの習得など多岐にわたります。その中で、まだ紹介していなかったCADⅠと建築設計Ⅰ-aの内容について公開したいと思います。

CADⅠ

この授業の目的はAutoCADの基本操作の習得になります。

1日目

初日はAutoCADの基本操作が中心で、新規作成から線の引き方、円の引き方から始まります。

2日目、3日目

2日目からは『ユニテダビタシオンのリノベーション案を提案しなさい。』という案を中心にcadをゴリゴリ使います。なので、2日目途中からから最終日はリノベーション案を考え、最終日の午後にプレゼンというスケジュール感になっています。

 

ユニテダビタシオンとは

ちなみにユニテダビタシオンとは建築の三大巨匠のル・コルビジェがマルセイユで計画した集合住宅になっています。実は日本の団地にも大きな影響を与えている建築物になっています。(どちらかというと改悪してしまってます)日本にもル・コルビジェが設計した国立西洋美術館など世界遺産に認定されるほどの建築界の巨匠です。

 

以下私のリノベーション案

 

f:id:visionarytt:20181112161952p:plain

f:id:visionarytt:20181112162237j:image
f:id:visionarytt:20181112162241j:image
f:id:visionarytt:20181112162228j:image
f:id:visionarytt:20181112162221j:image
f:id:visionarytt:20181112162232j:image
f:id:visionarytt:20181112162410j:image

 

 

建築設計Ⅰ-a

目的

この授業の目的は住宅を主な題材とし、建蔽率や容積率、

寸法など建築の基本的なことを押さえるのが授業の目的です。

また、模型の作り方についてのレクチャーがあります。

カッターの正しい折り方を知れたのが一番の収穫でした!

 図面を描いてみる

レクチャー後に実際に手を動かして図面を作成します。

まだこの時は、まだ縮尺の概念をうまく扱い切れていなかったですね!

以下1/100の縮尺で作成した作品です。

 

f:id:visionarytt:20181112162142j:image
f:id:visionarytt:20181112162126j:image
f:id:visionarytt:20181112162132j:image

以上のようにCADⅠ,建築設計Ⅰ-aは進んでいきます。

参考になれば幸いです。

 

建築に興味のある方でしたら一番面白い授業ですので、あっという間に3日間が過ぎてしまうでしょう。